シミ取りのことなら皮膚科に任せよう|美活をスタート

医師とナース
男女

理想的な肌に近付く

皮膚科でのシミ取り治療は、レーザーを使用する方法のほかに、外用薬を塗布したり、内服薬を服用する方法があります。シミの種類は一つではないので、皮膚科でシミの種類を判断してもらい、有効な治療法を選択するのがポイントです。

適切な治療で悩みを改善

中年女性

様々なレーザーがあります

お肌の悩みの中でも特に多いと言われているのが、シミに関する悩みです。シミはメイクで美しくカバーするのが難しいため、鏡を見るたびに気になっているという人が多いのかもしれません。シミは皮膚科クリニックを受診すれば、適切な治療で改善することが可能です。皮膚科で行われるシミ取りの治療方法はいくつかあります。その代表的なものが、レーザーを使って行う治療です。現在、シミ取りレーザーには様々な種類があります。シミをピンポイントで治療できるルビーレーザー、シミはもちろんのこと、あざや肝斑の治療にも適しているスペクトラ・ヘリオス、2種類のレーザーを照射することでメラニンを分解できるメドライトC6など、たくさんの種類があると言われています。豊富な知識と実績を持つ専門医が一人ひとりのシミの状態を診断した上で、最適なレーザーを用いて丁寧に施術を行いますので、気になるシミがあるときは皮膚科クリニックを受診して気軽に相談してみるとよいでしょう。シミ取りレーザーでの治療を受けるときは、事前にカウンセリングを受けて、治療方法や治療の流れ、レーザーを照射した後のケアなど、必要なことを具体的に確認しておくことが大切です。特に、シミ取りレーザーの施術を受けた後は、紫外線ケアを怠ると色素沈着を起こしてしまったり、新たなシミを誘発する可能性があると言われています。シミ取りレーザーの効果をきちんと実感するためにも、あらかじめ紫外線対策など気をつけなくてはいけないことを皮膚科のドクターにアドバイスしてもらい、実践することが重要です。

鏡を見る人

お肌の悩みを治療できます

出来てしまったシミに対して皮膚科でシミ取りの治療が行われます。内容は外用薬や内服薬、レーザー治療など様々な方法が揃っています。シミの種類や治療にかかる費用などを踏まえて、自分の希望する方法で治療を受けるようにしましょう。

病院

老人性色素斑の治療法

美容皮膚科クリニックでは、老人性色素斑などのシミを消すシミ取り治療ができます。レーザー治療なら一回で老人性色素斑を分解できます。ハイドロキノンやトレチノインは、自宅でシミ取りができる漂白クリームです。