シミ取りのことなら皮膚科に任せよう|美活をスタート

医者

理想的な肌に近付く

男女

代表的な治療法

一般的にシミと呼ばれるものは、肌にメラニンと言う色素が沈着して起こる斑点のことで、その原因や種類も様々です。皮膚科でのシミ取り治療は、ほとんどの場合シミの種類を判別してから、その人に合った治療法で行われます。シミの治療法の一つとして皮膚科で行われているのが、レーザーをシミの部分に照射してメラニンを分解するレーザー治療です。レーザーを照射した後はかさぶたになりますが、日が経つとかさぶたが剥がれてピンク色の皮膚が露出し、その後ほかの肌の色と馴染んでいくと言われています。比較的新しいシミは一回で取り除くことが出来ますが、古いシミは何回かレーザー治療を行う場合がほとんどです。レーザー治療以外にも、皮膚科で行うシミ取り治療としてハイドロキノンなどの外用薬を塗布すると言う方法があります。ハイドロキノンはメラニンの生成を防ぐ漂白作用を持っていますが、刺激の強い成分でもあると言われています。レーザー治療やハイドロキノンなどの外用薬より、目に見える効果が出るのが遅いですが、比較的安全に行えるシミ取りが内服薬を使用する方法です。内服薬として使用されるのがビタミンCで、ビタミンCはメラニンの生成を抑制し、メラニンの排出を促す働きを持っています。トランサミンはメラニンの活性化を抑制する働きを持つ成分で、内服薬としてシミ取りの治療に使われます。皮膚科でのシミ取り治療は、シミの種類や自分に合った方法を選択し、治療法を選ぶことが大切です。